髪の毛を「生やす」「増やす」「生えさせる」髪がスカスカで悩むアナタに合った薄毛対策:選択肢がコレです!!

      2018/11/05

髪の毛を「生やす」「増やす」「生えさせる」髪がスカスカで悩むアナタに合った薄毛対策:選択肢がコレです!!

髪の毛スカスカ状態!!アナタは髪を「生やしたい?」「増やしたい?」「生えさせたい?」

 

今の薄毛業界では髪を「生やす」「増やす」「生えさせる」ことは可能な時代になりました。

ただ、髪を「生やす」こと、「増やす」こと、「生えさせる」ことにはそれぞれメリットやデメリットがあります。

薄毛業界で20年以上美容師として働いてきた管理人が、髪を「生やす」「増やす」「生えさせる」究極の「3択」を案内いたします。

-------------------------

残念ですが、薄毛は何もしないと日々進行してしまいます。

薄毛状態はずっと続きます。

「まだまだ大丈夫!!」などと根拠のない自信をもっていると・・・

気が付けば手遅れ状態、完全ハゲ状態になってしまう危険性「大」です。

今すぐ髪を「増やす」「生やす」「生えさせる」薄毛対策で、明るい将来をつかんでください!!

確実に自分の髪を薄毛部分に生やす!・・・植毛

植毛には大きく分けて2種類があり、自分の髪の毛を生やす「自毛植毛」と人工の毛を植える「人工毛植毛」があります。

人工毛植毛は「人工の毛:異物」を頭皮に植えるため炎症を起こしてしまったりするので、日本皮膚科学会も推奨していません。(推奨度Dランク)

しかし自毛植毛は日本皮膚科学会も「薄毛に効果的として」推奨しています。(推奨度Bランク)

(引用:日本皮膚科学会:男性型脱毛症診療ガイドライン

そこで当ブログでも「植毛=自毛植毛」としてご案内いたします。

----------------------

自毛植毛とは・・・

薄毛が進行して髪が全体的に薄くなった人でも、後頭部周辺の髪は残ります。

この「将来的にも残る・抜けない」後頭部周辺の髪(毛根)を、薄くなった生え際や頭頂部に移植する手術が「自毛植毛」です。

移植・植毛された髪(毛根)はその場所で今後ずっと生え続けてくれます。

自毛植毛は男性だけでなく、女性の薄毛にも効果的です。

自毛植毛の費用

自毛植毛の場合、「どこの部分にどれだけの髪を植えるか・生やすか」で費用は違ってきます。

生え際やM字部分には1000~1500本が必要
費用は約50~70万円

 

・広くなったおでこを狭くするには2000~3000本が必要
費用は約90~120万円 

 

・ツムジ周辺の薄毛には1000~2500本必要
費用は約60~110万円

植毛見積り図:引用:★自毛植毛 親和クリニック

 

自毛植毛にかかる費用について

詳しくは当ブログ内「自毛植毛の値段。1000グラフトの費用・料金比較&カバーできる範囲は?」もご参考にしてみてください。

植毛のメリット:実は一番経済的(安い薄毛対策方法だった!!)

自毛植毛のメリットとしては、薄毛治療薬のような副作用もなく安心して、自分の髪が欲しい部分に生える・復活することです。

しかしそれよりも大きなメリットは「経済的」、最終的に一番安上がりな薄毛対策なことでしょう。

 

メンテナンス費用が掛からない。

後でご案内する「増毛:髪を増やす方法」「薄毛治療薬:髪を生やす方法」は、一度増えた髪の量(毛量)を維持・キープするには継続的な費用・メンテナンス費用がかかってしまいます。

 

しかし「自毛植毛」で増えた・生えた髪の量(毛量)はずっとキープされるので、(毛量を維持する)メンテナンス費用は必要ありません。

増毛を1000本の毛量を維持するには約13万~16万円が掛かります(詳細はブログ中編でご案内します)

薄毛治療薬でも年間約12万円~36万円が必要と言われています(詳細はブログ後編でご案内します)

自毛植毛で約1000本増やすには約50万円~60万円が必要です。

 

そこで、5年後に使った費用を表で比べると「自毛植毛がいかに経済的か」がわかります。

植毛 増毛 薄毛治療薬
初回費用(値段)1年目 約50万円~60万円 約13万円~16万円  約12万円~36万円
2年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~16万円
3年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~16万円
4年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~16万円
5年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~16万円 約12万円~16万円
5年間で掛かった費用(値段) 約50万円~60万円 約65万円~80万円 約60万円~80万円

上の表からもわかるように自毛植毛は、最初に必要な費用は掛かりますが、将来的なことを比較すると(メンテナンス費用がかからないので)とても経済的な薄毛対策というのがわかります。

上の表では5年間に費用を比較していますが、10年後、15年後を考えると「増毛」と「薄毛治療薬」はその間もずっとメンテナンス費用がかかり続けます。

自毛植毛ならば1回の出費・費用で、髪が生え、増えた毛量をキープするためのメンテナンス費用が今後必要ありません。

自毛植毛が一番安全で経済的・一番安上がりな薄毛対策と言えるでしょう。

 

植毛のデメリット

人間の髪の伸びるスピードは1ヵ月約1~1.5センチです。

自毛植毛は自分の髪を植えるので、髪が生えそろうまで少なくとも半年から1年はかかってしまいます。

そのため「来月までに髪が欲しい」といったような人には向いていません。

手術担当医師・ドクターの技術力の「差」によって結果が全く違う

自毛植毛手術には熟練した技術が必要です。

そのためあまり技術がない医師・ドクターが手術を担当すると・・・

・生えてこない
後頭部周辺の髪(毛根)を取る際に、毛根を傷つけてしまうと移植した部分ではこの毛根からは髪は生えてきません。
また毛根の方向性はバラバラなため、経験値がないと、毛根の方向性が分からず傷をつけてしまう危険性が高くなります。

---------------------------

・生えてきた髪がスカスカ
薄毛でない人の髪の密度は「平均200~250本/c㎡」と言われています。
熟練したドクターであればこれと同様に「約200~250本/c㎡」が可能です。
ただ、あまり経験値がない場合は「約50~75本/c㎡」しか密度が出せません。
こなるとせっかく植毛しても生えてきた髪もスカスカ状態で満足は難しいでしょう。

---------------------------

・不自然な生え際
自毛植毛手術には美容的な技術力も必要です。
これらの技術には経験値が絶対的に必要になります。
経験値がまだ低い慣れていないドクターの場合、自然できれいな生え際ラインが作ることが難しくなります。
そのため、生え際に植毛を詰めすぎて、人形のような「一直線で不自然」な生え際ラインを作ってしまう場合があります。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:3000件以上のドクターが施術するクリニック
⇨親和クリニック

 

経験値が豊富・熟練した自毛植毛ドクター

★親和クリニック・音田正光ドクター

・3000以上の症例数

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


 

★親和クリニック滝田 賢一ドクター

・4年間で800症例以上

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


★アスク井上クリニック・井上浩一ドクター

・4200件の症例数

・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

 

経験値が豊富・熟練した自毛植毛ドクターについて

詳しくはブログ内「自毛植毛の名医はだれ?ちゃんと生えるの?後悔しない名医の選び方は経験値と症例数です。」もご参考にしてみてください。

1日あれば1000本髪を「増やせる!」・・・増毛

増毛のメリット

増毛の最大のメリットは「短時間で髪を増やすことができる」ことでしょう。

「来月 20年ぶりの同窓会がある」「来週 急遽面接になった」・・・このような場合でもすぐに「髪を増やすこと」ができます。

 

増毛会社で行っている「無料増毛体験」や「増毛1000本 1万円」などといったCMを知っている人は多いでしょう。

そこで、薄毛部分(前髪スカスカ部分、生え際・M字部分、頭頂部・ツムジ部分)に「1000本増毛」してみました。

その前に・・・
「髪の毛1000本って実際にどれくらいあるの?」と思われますね。

そこで・・・
⇩これが「髪の毛1000本」の束です。
横の鉛筆と比べてみてください。

髪の毛 1000本 増毛

⇩1束だとわかりにくいので、2束に分けてみました。

髪の毛 1000本 増毛

この500本の束だとまだ「少ないなぁ・・」と思われるかもしれません。

そこで・・・
⇩髪をバラバラにしてみました!

髪の毛 1000本 増毛

これならば(まだなんとなくでしょうが)「1000本の髪が増える」イメージが湧いてきたと思います。

そこで、実際に薄毛部分(前髪スカスカ部分、生え際・M字部分、頭頂部・ツムジ部分)に「1000本増毛」してみました。

 

前髪スカスカに1000本増毛するとこれだけ変わる!!(結ぶ増毛)

⇩生え際やおでこの毛が抜けて「前髪スカスカ状態」
前髪スカスカ 1000本 増毛

⇩前髪スカスカ状態 「赤い四角形」部分に1000歩増毛
前髪スカスカ 1000本増毛

⇩「前髪スカスカ」に「1000本増毛」すると、これだけ変われる!!
前髪スカスカ 1000本 増毛

もっと詳しい内容(画像・比較写真)は当ブログ内「前髪スカスカ、M字ハゲ。薄毛、ハゲに1000本増毛!【画像あり】」をご覧ください。

 

生え際・M字部分に1000本増毛するとこれだけ変わる!!(結ぶ増毛)

⇩生え際の両側の髪が抜けてしまった、俗に言う「M字ハゲ」状態
生え際 M字 薄い 1000本増毛
⇩生え際・M字部分に1000本増毛すると、これだけ変われる!!

生え際 M字 ハゲ 薄い 増毛 1000本 アデランス アートネイチャー スベンソン

もっと詳しい内容(画像・比較写真)は当ブログ内「頭頂部(つむじ)や分け目の薄毛(ハゲ)に1000本増毛するとこれだけ変わる!【比較画像あり】」をご覧ください。

 

頭頂部・ツムジ部分1000本増毛するとこれだけ変わる!!(結ぶ増毛)

頭頂部・ツムジ部分の薄毛は正面から見るとわかりません・・・
しかし、上からや後ろから見られると、薄毛がバレバレ状態
頭頂部 つむじ 分け目 薄い 増毛 1000本

⇩頭頂部・ツムジ部分1000本増毛するとこれだけ変わる!

もっと詳しい内容(画像・比較写真)は当ブログ内「前髪がハゲてきた!M字ハゲ!薄毛対策で増毛するとこうなる【画像有】」をご覧ください。

貼る増毛なら、薄くなった生え際も自然に復活できる!!(貼る増毛)

まずは、下の動画をご覧になってください。

これは、アデランスさんの「ヘアーパーフェクトシリーズ」最新貼り付け増毛「フリーダム」です。

貼り付け増毛の生え際部分の髪の根本を脱色加工して「肌色」にすることで、頭皮と同じ色になり「透過・同化」させることで、
生え際もとても自然に増毛することができます。

貼る増毛は、髪を植えたシートやネットを直接頭皮に貼ることで、自然に多くの髪を増やすことができます。

⇩生え際に付けた「貼る増毛」の一部をわざと剥がした状態

貼り付け増毛(貼る増毛)ってなに?カツラとの違いは?バレないの?

⇩この写真の生え際も「貼る増毛」で再現しています。

生え際が自然な「貼り付け増毛」

もっと詳しい内容(画像・比較写真)は当ブログ内「貼り付け増毛(貼る増毛)ってなに?カツラとの違いは?バレないの?」をご覧ください。

 

増毛のデメリット

増毛のデメリットは「増えた毛量」を維持・キープするためには、ずっと費用がかかり続ける(メンテナンスが必要)ことでしょう。

増毛には「結ぶ増毛」と「貼る増毛」があります。

結ぶ増毛のメンテナンス費用

★年間約13万円~約16万円が必要(月額約11000~13000円)

結ぶ増毛は自分の髪の根元に「増毛用の毛」を結び付けることで、髪を増やします。

結ぶ増毛では、髪が伸びるのと同時に上がってくる「結び目」を下げるタイプと、そのままにして伸びた毛先だけを切っていくタイプがあります。

-----------------------------------------

失礼ですが「増毛」に興味がある人は、今現時点で薄毛状態の人が多いでしょう。

増毛では「髪は増やせる」が、薄毛の進行を防ぐことはできません。

先ほどの「1000本で増えた状態」を維持・キープするには、増毛する面積にもよりますが年間で1200~4000本は必要になります。

結ぶ増毛の費用:

★アデランス

・バイタルEXネオ(伸びた根本は元に戻せないタイプ)
1パッケージ 1500本 129600円~ 1本約86円

・バイタルEXマイクロリターン(伸びた部分を元に戻せるタイプ)
1シート 3000本 138000円~ 1本約46円

アデランス:伸びた根本を下げる費用:60本(1チップ)につき 200円

★スヴェンソン

・マイヘアプラス
基本料金 100ユニット(200本~400本)20000円 1本約100円

・マイヘアプラス10
1000ユニット(2000~6000本)160000円 1本約80円

・マイヘアプラス25
2500ユニット(5000~15000本)350000円 1本約70円

スヴェンソン:伸びた根本を下げる費用:1回6000円

アートネイチャー

アートネイチャーは「大きさやその人の使用頻度によって月に掛かる費用は異なる」とのことで、ハッキリした費用を提示してくれません。

 

貼る増毛のメンテナンス費用

★年間約23万円~約35万円が必要(月額約19000円~29000円)

貼る増毛の場合、定期的に剥がれたシートの「張り替え」や、シート自体も破れてしまったりするので定期的なメンテナンスが必要になります。

貼る増毛は比較的広い面積の薄毛をカバーするため、その分費用も掛かるため、アデランススヴェンソンでは「定額制度」があります。

(アートネイチャーは問い合わせてみても「大きさやその人の使用頻度によって月に掛かる費用は異なる」とのことで定額制はありません)

増毛なら:アデランスが経済的!!

アデランス スヴェンソン
アートネイチャー
年会費制:ヘアクラブ

年間費用:171,720円~

月額:15,220円~

カット・装着費用
1回:5508円

年間合計費用
237816円
月額:19818円

 年間費制:マンスリー14

最初にかかる費用:初期 108000円

月額:15120円

カット・装着費用
1回:5508円

年間合計費用
355536円
月額:29628円

 公式発表なし

このように月々に必要な費用・料金は「約1万~3万円程度」になります。

表から判断するとアデランスが一番「月々に掛かる増毛費用」を安くできそうです。

また先ほど紹介したアデランスの「インビジブル毛植」システムを採用したヘアーパーフェクト付けの上位ランク「フリーダム」にも年会費制ヘアクラブがあり、定額で利用できるので安心です。

⇨プロが触れても分からない!自毛感覚を是非ご体験下さい!
アデランス無料増毛体験!!

 

薬で髪を生えさせる・・・・薄毛治療薬

「なぜ薄毛になったか?」・・・この答えは・・・

「髪が抜けて、生えてこなかった」からです。

では「薄毛治療薬を使えばどうなるの?」・・・その答えは・・・

・抜け毛を止める(プロペシア、ザガーロ)

・髪を生やす(ミノキシジル)

ことがです。

----------------------

現在日本で認められている薄毛治療薬は「プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル」になります。

それぞれの薬の働きは・・・

★プロペシア、ザガーロ(抜け毛を止める)
「最近、細く短い髪が抜けていませんか?」・・・AGA,FAGAになっているかも。

「抜け毛」の主な原因はAGA(男性型脱毛症)FAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。
AGAやFAGAを発症すると、ヘアサイクルが乱れ「髪を成長させる:成長期」が極端に短くなりすぐに「髪が抜ける:後退期」に入ってしまいます。
このため、成長していない細く短いな髪が抜けて、薄毛になってしまいます。

★ミノキシジル(髪を生やす)
髪の毛は頭皮下の毛母細胞が細胞分裂することで、生え、成長します。
この細部分裂に必要な栄養分は血液によって運ばれます。
髪が抜け、生えてこない状態の人の髪は栄養不足状態になっている場合が多いです。
ミノキシジルには血行を良くする働きがあるので、頭皮下の毛母細胞に多くの栄養分・血液を運ぶことで髪が生えやすい状態にします。

薄毛治療薬のメリット

・一番バレにくい薄毛対策

薬で徐々に「抜け毛を止めて、髪を生やす」ので、自分から「薬を使っている、飲んでいる」と言わない限りは周囲に気づいかれずに髪を生やすことができます。

増毛の費用

・薄毛治療には「薬代金」「診察料」「クリニックまでの往復交通費」が必要

薄毛治療薬は「自由診療枠」の薬のため各クリニックで値段・費用はバラバラです。

また薄毛状態の診断は、自分ではできないので医師の診断が必要になり、クリニックへ通わなくてはいけません。

しかし、実際は・・・

「それでなくても人の目線が気になるのに、クリニックに行くのは恥ずかしい・・」

「毎回クリニックまで通う往復交通費が高い、また通う時間がない・・」

「そもそも近所に薄毛専門クリニックがない・・・」

このように感じる人は多いです。

今は法律が改正され、スマホやパソコンを使った「遠隔診療」ができます。

-----------------------

そこで・・・
LINEを使って自宅に居ながら「頭皮の診察から薬の郵送まで行ってくれる」オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」がとても便利です。

また薬の費用は業界でもほぼ最安値、再診料もかからず、クリニックへ通う交通費も必要ありません。

一番安く薄毛治療ができます。

「髪のクリニックSeed」価格表

遠隔診療方法 LINE(ライン)ビデオ通話
初診費用 3000円
再診費用 0円
血液検査費用(クリニックで受けた場合) 5000円
血液検査費用(クリニックで受けた場合) 6000円
プロペシア(1ヵ月) 6700円(最安値)
フィナステリド(1ヵ月) 4900円(最安値)
ザガーロ(1ヵ月) 8200円
デュタステリド(1ヵ月) 6900円(最安値)
ミノキシジル外用薬(1ヵ月) 9300円(最安値)
ミノキシジル内服薬(1ヵ月) 9300円(最安値)

・クリニック所在地
渋谷区渋谷2-8-2 荻津ビル5階

受付時間
月~日:10:00~19:00
休診日:不定休・祝日

【髪のクリニックSeed】格安 薄毛治療薬の詳細は・・・
⇩⇩⇩
オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

 


 

「でもやはりドクターに直接会って相談がしたい・・・」このように感じる人もいますね。

それならば、全国に50ヵ所以上の提携クリニックがある【AGAスキンクリニック】が便利です。

一般的なミノキシジルの濃度は5%です。

ただAGAスキンクリニックで処方されるオリジナルミノキシジル薬の濃度は「6.5%」となり国内最大級の濃度です。

また「初診料:5000円分無料」「血液検査費用:20000円無料」などのキャンペーンを定期的に行っているのが特徴です。

【AGAスキンクリニック】価格表

初診費用 5000円 ※無料キャンペーン有
再診費用 0円
血液検査費用 20000円 ※無料キャンペーン有
プロペシア(1ヵ月) 7000円(初回のみ4200円)
フィナステリド:FCI製(1ヵ月) 4800円(初回のみ半額キャンペーン有)
フィナステリド:ファイザー製(1ヵ月) 6000円(初回のみ3400円)
ザガーロ(1ヵ月) 8200円(初回のみ4800円)
オリジナル内服薬「Rebirth」
(フィナステリド+ミノキシジル)
14000円から22000円
オリジナル外用薬「Rebirth」
(フィナステリド+ミノキシジル)
14000円

・クリニック所在地
全国に50ヵ所以上

【AGAヘアクリニック】ドクターに直接会って相談できる
⇩⇩⇩
発毛実感率“99.4%”の実績!【AGAスキンクリニック】

 

薄毛治療薬のデメリット

・薬の副作用、体への影響

薄毛治療は継続的な治療になります。

風邪などは、風邪が治れば薬の服用は中止します。

しかし薄毛治療は継続的な治療なため、今後ずっと薬の使用、服用を続いて行かなくてはいけません。

薬の使用・服用を止めると、元の薄毛に戻ってしまいます。

このため、長期の薬の使用・服用による体への影響、特に肝臓への影響が心配されます。

 

また医薬品である以上「薬の副作用」もあります。

プロペシア、ザガーロの副作用には「男性機能の低下、勃起不全、ED、精子減少、うつ症状」などが報告されています。
またプロペシア、ザガーロは男性専用の薬で女性には禁止薬です。

特に妊婦さんには「触れること」も禁止されています。

ミノキシジルの副作用には「動悸、低血圧、めまい、頭皮の痒み・炎症」などが報告されています。

 

まとめ:あなたに合った薄毛回復方法は「植毛」?「増毛」?「薄毛治療薬」?

薄毛業界で20年以上働き、多くの薄毛対策をしてきた人を実際に見てきた管理人が感じた

「最終的に一番経済的・安い」「副作用などの心配がない」薄毛対策方法は・・・

やはり自毛植毛手術でしょう。

ただ、自毛植毛でもデメリットや向いていないタイプの人も」います。

そこで、タイプ別に「植毛」「増毛」「薄毛治療薬」が向いているタイプをご案内します。

「植毛」が向いているタイプ

自毛植毛の特徴は

・安心、安全:薬のような副作用がない

・結果的には一番経済的、安い薄毛対策方法:増えた毛量をキープするメンテナンス費用が必要ない

-----------------------------

「植毛」が向いているタイプ:

・絶対に自分の髪を生やしたい、増やしたい人

・薬を毎日飲んだり、増毛のために毎月通うのがめんどうなタイプ

・1回の費用、手術で「髪を生やしたい、増やしたい」人(その後メンテナンス費用を使いたくない)

 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:3000件以上のドクターが施術するクリニック
親和クリニック

 

「植毛」が向いないタイプ:

・早急に髪を生やしたい人

・初回の高額な費用が出せない人(医療ローンはあります)

・手術が怖い人

「増毛」が向ているタイプ

増毛の特徴は

・短時間で髪を確実に増やせる

・安心、安全:薬のような副作用がない

-----------------------------

 

★「増毛」が向ているタイプ

・薄くなった一部だけを気軽に「増やしたい」人

「来月までには薄毛をカバーしたい」など、早急に「髪を増やしたい」人

・薄毛治療薬の副作用や体への影響が心配な人

・手術が怖い人

プロが触れても分からない!自毛感覚を是非ご体験下さい!
アデランス無料増毛体験!!

★「増毛」が向いてないタイプ

・継続的に必要なメンテナンス費用がキツイ人(少なくても年間10万円以上は必要)

 

「薄毛治療薬」が向いているタイプ

薄毛治療薬の特徴は

・国が認めた薄毛の治療方法

-----------------------------

★「薄毛治療薬」が向いているタイプ

・絶対に薄毛対策をしていることを周囲に知られたくない、バレたくない人

★「薄毛治療薬」が向いてないタイプ

・早急に髪の毛が欲しい、増やしたい人

・毎日薬を使ったり飲むのがめんどうなタイプ

・薬の副作用や体への影響が気になる人

・クリニックへ通うのめんどう、また時間がない人
(遠隔診療なら問題ない)

自宅に居ながら「頭皮の診察から薬の郵送まで行ってくれる」オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

関連する記事はこちらです

 - 薄毛ニュース, 薄毛・抜け毛・育毛, 自毛植毛, 増毛・かつら , ,