自毛植毛の名医はだれ?ちゃんと生えるの?後悔しない名医の選び方は経験値と症例数です。

      2018/11/01

自毛植毛の名医はだれ?名医の条件とは?ズバリ経験値と症例数です。
スポンサードリンク

最近色々な病院・クリニックで自毛植毛手術を行っています。

自毛植毛手術には「名医」がいます。

 

名医が行うと

・自然な髪型
・自然な生え際
「自分の髪の毛で」復活させることができ

・傷跡も目立たず
・多くの移植も可能で密度もしっかり
満足できる最高の薄毛対策方法です。

 

ただ、自毛植毛手術は失敗すると、

・髪の毛の生え方(植え方)が不自然

・生え際が不自然

・後頭部周辺の傷跡が酷い(傷が目立つ)

・移植用の毛根に傷をつけてしまい、(移植しても)髪の毛が生えてこない

・密度が荒く(髪は生えたが)スカスカ状態になる

このように色々な弊害がでてしまいます。

 

私は今まで多くの自毛植毛手術を受けた人の頭皮を見て、髪の毛をカットしてきました。

残念ですが中には「これはチョット・・」と思う人もいました。

後悔しない自毛植毛の「名医」を選ぶポイントをご紹介します。

 

薄毛業界(自毛植毛クリニック含む)で20年以上勤務約2万人の薄毛症状を見てきた、現役美容師が案内いたします。

ご参考にしてください。

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:30000件以上のドクターが施術するクリニック
親和クリニック

スポンサードリンク

自毛植毛の名医の条件は経験値・症例数

自毛植毛手術は「美容的要素」と「外科的要素」2つの経験値が必要です。

 

美容的(毛髪)経験値が豊富であれば:髪の生え方(植え方)が自然

・髪の毛の生え方、毛の流れなどは人それぞれ違います

貴方は経験少い理美容師と経験豊かなり理美容師のどちらにカットしてほしいですか?

(私も現役美容師ですが・・)経験があまりないと、毛の生え方、流れなどは、わからずに「不自然」な髪型にされる場合があります。

特に髪の生え方や、毛の流れがわからなければ、生え際などは不自然に作られてしまう場合があります。

 

経験値が少い医師が手術を行うと

・生え際だけが毛の流れ方が変になってしまったり
・生え際が「一直線」でカツラのようになり不自然

このような「不自然な生え際」になってしまう危険性があります。

 

「美容的要素」の経験値が豊富な医師に任せれば
自然な髪型、自然な生え際が「自分の髪の毛で」復活させることができます。

 

外科的経験値が豊富であれば:傷跡がきれい

自毛植毛手術には大きく分けて2種類があり、

・「切らない(メスを使わない)、傷が残らないFUE方式」と
・「切る(メスを使う)、縫い合わせるFUT方式」
があります。

関連記事:FUE方式とFUT方式、それぞれのメリット&デメリット

 

この「切る(メスを使う)、縫い合わせるFUT方式」では名医の外科的経験値で大きな違いがでます。

 

名医が傷口を縫い合わせると「ほとんど見えないくらいの線状の傷」です。

これくらいのキレイな傷であれば、髪の毛を少しくらい刈り上げても、ほとんどわかりません。

しかしあまり経験値がない医師の場合であれば、傷跡(縫い跡)の幅が広くなり、(大きいと約1センチ位)、刈り上げると、傷がみえてしまうので、あまり髪を短くできない人もいます。

 

外科的経験値が豊富であれば:ちゃんと生えてくる

「ちゃんと生えてくる」とは表現があまりよくないかもしれませんが・・

経験値が少い医師が行うと「生えてこない」危険性もあります。

 

先ほども書きましたが、髪の生え方は人それぞれです。

「移植用の毛根(毛包)」を取る後頭部周辺の髪の毛も同じです。

毛の生えている向き(方向性)はバラバラです。

これは頭皮下にある毛根の向き(方向性)もバラバラになっています。

 

経験値が少なく、毛根の向き(方向性)がわからない医師が「移植用の毛根」を摂取すると

毛根に傷をつけてしまう確率がとても上がってしまいます。

 

残念ですが、傷がついた毛根は移植しても「髪は生えてきません」

 

植えられる本数や密度も経験値

名医であれば、1度の手術で約12000本(5000グラフト)の植毛ができます。

これに対し、あまり経験値・症例数の少いドクターであれば「1度の手術で植毛できる植毛本数(グラフト数)」は5000本~6000本(約2000~2500グラフト)になります。

 

植毛できる本数は、名医と「名医以外」を比較すると「約2倍」の差が出てしまいます。

 

この「差」は植えられる「密度」にも影響があります。

 

経験値が少い医師ではあまり密度を詰めて植毛ができません。

こうなると、せっかく生えてきた髪の毛もスカスカ状態で満足できる毛量感ではなくなってしまいます。

関連記事:自毛植毛!一度にできる本数・密度はドクターによってこんなに違う!

 

散髪・カットは失敗されても髪が伸びれば「また元にもどります」が自毛植毛手術は失敗されてしまうと、「元の状態にはもどれません」

 

自毛植毛手術の名医の条件、後悔しないドクターを選ぶ条件は
「経験値・症例数」です。

 

失敗しない・後悔しない自毛植毛を受けるポイント
★「経験値・症例数」の多い自毛植毛の名医

★親和クリニック・音田正光ドクター

・FUSS方式(FUT方式の一種)症例数1000以上

・FUE方式症例数 2000以上

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


★親和クリニック滝田 賢一ドクター

・4年間で800症例以上

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


★アスク井上クリニック・井上浩一ドクター

・4200件の症例数

・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp


★ヨコ美クリニック
・今川 賢一郎ドクター

・日本の自毛植毛のパイオニア的存在

・15000症例 年間500~600件の手術回数

・1回の手術で3000グラフト(約7500本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:横浜

公式ホームページはこちら↓↓↓
http://www.yokobikai.or.jp

 


まとめ  自毛植毛手術は「経験値・症例数」が多いクリニックで受けるべき!!

最近はネット上でも「症例数」だけを多く宣伝しているクリニックもあります。

実はこの症例数の多くは、以前そのクリニックを立ち上げたこのようなレジェンドと呼ばれる数名のドクターによって行われた「症例数」も数多く含まれている事実があります。

 

後悔しない、バレない自毛植毛にはドクターの「外科的技術力」と「美容的技術力」2つが必ず必要になります。

 

この「外科的技術力」と「美容的技術力」はドクターの「経験値・症例数」が無くては成り立ちません。

私も技術者ですが(もちろん医者ではありませんが)絶対的に経験値はウソをつきません。

そこからすると・・・

・経験値・症例数がとても多い自毛植毛のレジェンド的存在:音田正光ドクター、滝田 賢一ドクターらが手術担当

・クリニックが 全国で4ヵ所:東京(新宿)名古屋、大阪、福岡ある
(アスク井上クリニック、ヨコ美クリニックさんは東京のみ)

・経験値・症例数が多い(技術力が高い)からこそ、可能な技術
最新技術:高密度の自毛植毛MIRAI法
が受けられる

 

>>自毛植毛 親和クリニック

が最も安心できる自毛植毛手術を受けることができるでしょう。

 

 

スポンサードリンク

関連する記事はこちらです

 - 自毛植毛 ,