これって若ハゲ?前髪がスカスカに!初期薄毛の対策方法【画像あり】

      2018/11/16

ポイント:前髪スカスカ・若ハゲ初期段階での薄毛対策

結果的に一番安上がりで確実に毛が生える「自毛植毛」
欲しいところに髪が増やせる「増毛」
初期段階なら安心して使える「育毛剤」

最近抜け毛が増え、前髪がスカスカになって

「ヘアスタイルのセットが決まらない」
「髪のボリュームが無くなった」
「オデコに汗をかくと頭皮が丸見えだ」
「伸びてくる前髪が細くてフニャフニャ・・」
「人の目線が気になる・・・」

こんな悩みはありませんか?

こんな症状は完全な
薄毛初期症状:「若ハゲ」注意報です

20代~30代は、まだまだ若いから大丈夫!と過信して放っておくのは危険です。

残念ですが・・・
若ハゲは進行性です。

何も対策を取らないで放っておくと30代後半でツルツル状態になってしまう危険性も「大」です。

「じゃあ 若ハゲになってしまったら薄毛は復活できないの?」

「安全で確実に髪を増やす方法はないの?」

安心してください!

薄毛業界で20年以上勤務 約2万人の薄毛を実際に見てきた管理人が「20代~30代の若ハゲについて」

・結果的に一番安上がりで確実に毛が生える「自毛植毛」
・欲しいところに髪が増やせる「増毛」
・初期段階なら、「育毛剤」を試す

この3つの方法(メリットやデメリット)を案内いたします。

前髪が増え、若ハゲから脱出できれば・・・

「人の目線も気にならない」
「自信をもって人前に出られる!」ようにきっとなれます!!


 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:30000件以上のドクターが施術するクリニック
親和クリニック


目次

★今のあなたは若ハゲ度はどれくらい?

もちろん「若ハゲ」に規定はありません。

薄毛でない人の髪の密度は「1平方センチに平均200~250本」と言われています。

⇩「1平方センチに平均200~250本」の生え際
髪の毛 密度 スカスカ

⇩「1平方センチに平均200~250本」で前髪を下すと・・・

前髪

これくらいの毛量があれば、前髪スカスカ・若ハゲとは言われないでしょう。


 

ただ、髪の密度が「1平方センチに約50~70本」になると、前髪スカスカ・若ハゲと言われてしまうかも・・・

⇩「1平方センチに約50~70本」

前髪スカスカ  若ハゲ

⇩「1平方センチに約50~70本」で前髪を下すと・・・

前髪スカスカ 若ハゲ

この状態では、「前髪スカスカ・若ハゲ状態」と言われてしまいますね・・・

今回の記事は・・・・

このような「前髪スカスカ・若ハゲ状態」から「前髪を復活させる」方法を案内いたします。

 

若ハゲ対策:第1位 若ハゲ初期段階こそ、確実に自分の髪が復活する「自毛植毛」

自毛植毛とは、「歳をとっても薄くならない」後頭部周辺の毛根を、薄くなった部分に移植・植毛する薄毛対策方法です。
植毛した毛根は、移植した薄毛部分で今後一生 生え続けます。

日本皮膚科学会でも「男性型脱毛症診療ガイドライン」で(自毛植毛を)「行うように勧める」と発表しています。

(引用:「男性型脱毛症診療ガイドライン」

 

ただ、自毛植毛のイメージをお客様に聞くと・・・
「自毛植毛って費用・値段が高いんでしょ!!」とよく言われます。

実は、この「自毛植毛は費用が高い」といったイメージは間違っています。

 

実は自毛植毛が一番安くできる「若ハゲ克服・髪の毛復活方法」!!

若ハゲ初期段階に必要な自毛植毛の費用・値段はいくらくらい?

若ハゲ初期段階:「前髪スカスカ部分」「おでこ・M字部分」に植毛するには、約50万円~70万円がかかります。

 

写真引用:親和クリニック

「約50万円~70万円」と書くと「高いなぁ!」と思われる人も多いでしょう。

しかし、他の薄毛対策と比べると「決して高くありません」

 

他の薄毛対策は今後「ずっとお金が必要」になってしまう。

自毛植毛は1回の手術・出費で、薄くなった部分に髪が生えてきて、その後のメンテナンス費用は掛かりません。

また確実に髪の毛を増やす薄毛対策は「植毛」と「増毛」だけです。

「増毛」の費用は使用する本数によって違いはありますが、アデランスやスベンソンでは「定額制度」があり、年間費用は約16万~17万円になります。

 

その他の薄毛対策としては「薄毛治療薬の使用」や「育毛剤」があります。

一般的に「薄毛治療薬+診療」の費用は1ヵ月で2~3万円、年間で24~36万円が掛かってしまいます。
(ただ、あとで詳しく書きますが、20代~30代の若い年代では、「薬による副作用」や「20代からずっと薬を飲み続けることによる腎臓への影響」を考えると「薄毛治療薬の使用」はおすすめしません。)

仮にこれらの薄毛対策を5年続けると・・・・

植毛 増毛 薬による薄毛治療
初回費用(値段)初年度 約50万円~70万円 約16万円~17万円 約24万円~36万円
2年目 0円 約16万円~17万円 約24万円~36万円
3年目 0円 約16万円~17万円 約24万円~36万円
4年目 0円 約16万円~17万円 約24万円~36万円
5年目 0円 約16万円~17万円 約24万円~36万円
5年間で掛かった費用(値段) 約50万円~70万円 約80万円~85万円 約120万円~180万円

表を見ていただくとわかりますが、
「増毛」や「薄毛治療薬」は、髪の毛の量をキープするには、今後ずっとメンテナンス費用が掛かってしまいます。

このため、仮に5年間「増毛」や「薄毛治療薬」を続けると、1回の出費で髪の毛の量をキープできる自毛植毛の方が安くなります。

(自毛植毛は)一時的な費用・値段は高めですが・・・

結果的には「自毛植毛」が、一番安上がりで確実に毛が生える「若ハゲ・前髪スカスカ」を復活させる方法になりますね。

 

自毛植毛のデメリット

技術力のある医師・ドクターを選ばないと後悔する!?

お客様から自毛植毛の不安点を聞くと・・・

「(失敗して)生えてこない場合はあるの?」
「(植毛用の毛根を取る後頭部の)傷は目立たないの?」
「自然な生え際ラインができる・復活するの」

このような疑問や質問をよく受けます。

自毛植毛手術は、細かな外科手術です。

そのため、担当医師・ドクターの技術力の「差」がハッキリと出ます。

--------------------------

■「(失敗して)生えてこない場合はあるの?」

植毛では、移植用に後頭部周辺から毛根を摂取します。

経験値豊富な熟練医師であれば、毛根を傷つけることはまずありません。

ただ、あまり経験値がないドクターの場合、後頭部から毛根を摂取するときに(毛根を)傷つけてしまう危険性があります。

傷ついてしまった毛根からは、新しい髪の毛は生えてきません。

--------------------------

■「(植毛用の毛根を取る後頭部の)傷は目立たないの?」

現場で多くの「自毛植毛経験者」の髪をカットしてきました。

熟練した技術のドクターの手術後の後頭部は、とてもきれいで髪を刈り上げてもほとんどわからない状態でした。

しかし、あまりお上手でないドクターの手術後の傷は、大きくなる傾向があります。

--------------------------

■「自然な生え際ラインができる・復活するの」

自毛植毛には美容的な技術力も必要です。

これには経験値が必要になります。

残念ですが「生え際のラインが人形のように一直線で不自然な状態」を実際に見たことがあります。

自然できれいな生え際ラインを作るには、経験値と美容的な技術力が必要になります。

--------------------------

私は約20年以上薄毛業界で美容師として働いています。

自毛植毛を経験した人の多くは、「自分の髪が復活した」「薄くなった生え際がきれいに復活した」と喜んでおられます。

ただ、残念ですが上記のように「失敗した、後悔している」といった人がいるのも事実です。

自毛植毛は必ず、経験値豊富な熟練した医師・ドクターに担当してもらってください。

 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:30000件以上のドクターが施術するクリニック
親和クリニック

自毛植毛の名医に関しては
関連記事⇨「自毛植毛の名医はだれ?ちゃんと生えるの?後悔しない名医の選び方は経験値と症例数です。」をご参照ください。

 

若ハゲ対策:第2位 欲しいところに髪が増やせる「増毛」

「増毛」のデメリット

増毛のデメリットは、「増えた毛量をキープするにはメンテナンス費用がかかる」ことです。

先ほども少し書きましたが、使用する本数で違いはありますがアデランススヴェンソンでは定額制度があり、年間で約16万円から17万円がかかってきます。

確かに増毛ではメンテナンス費用はかかります。

ただ、お客様と話していると・・・

「頭皮に傷をつける自毛植毛は、やはり怖い」

「手術まではチョット・・・まだ不安がある・・・」

このように感じる方は実際に多くいます。

増毛ならば、(頭皮に傷をつけることもなく)安心して、欲しいところに「髪の毛を増やす」ことができます。

 

では、前髪部分に増毛すると、どれだけ「髪が増える」のでしょうか?

よくテレビやネットで「増毛1000本 ○○円!キャンペーン(大体1万円くらいですね)」といったコマーシャルを見ると思います。

そこで、前髪スカスカに1000本増毛してみました。

 

前髪スカスカに1000本増毛すると、これだけ「増える」

■髪の毛1000本ってどれくらい?

「増毛1000本」と言ってもなかなかイメージは湧かないかと思います。

そこでまず・・・
「髪の毛1000本」を用意してみました。

1000本の髪

上の写真が「髪の毛1000本」です。
(500本の束が2本あり、これで1000本になります。)

⇩この状態でも、分かりづらい部分があるので、束を広げてみました。

髪の毛1000本

こうやって広げてみると、「髪の毛1000本」のイメージも変わってきますね。

では、この「髪の毛1000本を増毛してみます。

■前髪スカスカに1000本増毛する。(結ぶ増毛)

⇩「前髪スカスカ」で「分け目もスカスカ」になっている状態。
前髪スカスカ

⇩下の赤い四角の部分(縦約4センチ 横約10センチ)「スカスカ」になった部分に「1000本」増毛します。

前髪スカスカに増毛する

「髪の毛1000本」でほぼ、「元の状態」に髪の毛が復活しました。

前髪スカスカに1000本増毛

⇩左右で比較すると、「前髪スカスカ」が「元の状態に復活」したのがよくわかります。

前髪スカスカ、M字ハゲ。薄毛、ハゲに1000本増毛!【画像あり】


 

前髪ではありませんが、結ぶ増毛であれば、てっぺんハゲ、つむじハゲ(分け目ハゲ)も自然に髪を増やすことができます。

■てっぺんハゲ、つむじハゲ(分け目ハゲ)に1000本増毛する。(結ぶ増毛)

つむじ周辺の毛身の毛が抜けた「てっぺんハゲ」は正面から見るとわかりません。

つむじハゲ、てっぺんハゲ」

お客様のカットを終了して、鏡でご自身のツムジ周辺を見せると「こんなにツムジ周辺がハゲてきてるの!??」とビックリする人も多いです。

⇩「髪の毛1000本」増毛する部分は、下の赤い四角の部分(縦約8センチ 横約3センチ)です。

頭頂部 つむじ 分け目 薄毛 ハゲ

最初に前半分に「500本」増毛してみました。

「500本」でもかなりイメージが変わってきます。

残り「500本」を後ろ半分に増毛して、「全体に1000本」増毛した状態です。

「つむじはげ」→「前半500本」→「全体に1000本増毛」の状態を比較すると・・・

このように「つむじはげ」部分に増毛すれば、ほぼ「元の状態」に復活させることができました。

>>プロが触れても分からない!自毛感覚を是非ご体験下さい!


 

増毛会社では「無料増毛体験」を随時行っています。

何もしなければ、前髪スカスカの薄毛状態は変化しません。

増毛体験で、前髪スカスカから復活させてみてください。

アデランスの「ピンポイント増毛」

スヴェンソン「マイヘアプラス」

アートネイチャー「マープ増毛」

 

若ハゲ対策:第3位 初期段階なら安心して使える「育毛剤」

20~30代の若ハゲに薄毛治療薬はまだ、まだ早い!?

現在国が認めている薄毛治療薬には「ミノキシジル、プロペシア(内容成分:フィナステリド、ザガーロ(内容成分:デュタステリド)」があります。

この薬を使用した「薄毛治療」は継続継続治療になります。

薬の使用と止めると、元の薄毛に戻ってしまいます。

このため、増えた毛量をキープするには、今後ずっと薬を飲み続けなくてはいけません。

薬を飲み続けると腎臓や肝臓に負担がかかります。

まだ若い20代や30代前半から、このように腎臓や肝臓に負担をかけ続けるのはよい状態とは言えません。

またミノキシジルやプロペシア、ザガーロには副作用もあります。

ミノキシジルの副作用としては、「めまい、動悸、低血圧、頭皮の痒み・かぶれ」などが報告されています。

プロペシア、ザガーロでは「ED、精子減少、勃起不全、うつ症状」などの副作用が報告されています。

これらを考えると、まだ若い20代~30代前半の若ハゲでは、薄毛治療薬の使用開始は「体の負担」や「副作用」を考えるとまだ早いと思います。

薄毛対策効果としては、「薄毛治療薬」 > 「育毛剤」です。

ただ薄毛治療薬には薬の副作用があります。

副作用がなく、薄毛治療薬と同等の働きがある育毛剤

副作用がなく、薄毛治療薬と同等(またはそれ以上)の働きがある育毛剤を選ぶポイント

★ポイント1 価格
育毛剤は毎日使用するものですので、「1日の使用料 価格」は大きなポイントですね。

★ポイント2 薄毛治療薬と同等(またはそれ以上)の働きがある成分
副作用がなくても、効き目がなくては使う意味がありません。
育毛剤の特徴で「薄毛治療薬と同等(またはそれ以上)の働き」は大事なポイントです。

 

■第1位 ミノキシジルの4.5倍の「髪を伸ばす能力」 薬用育毛剤「ポリピュアEX」

髪スカスカの薄毛改善、抜けが減る効果が続く育毛剤があった!それは?

★価格

1日使用料:約150円
「1日約150円」は育毛剤業界でもコストパフォーマンスは、NO.1でしょう

1ヵ月の使用料:約4500円

容量:120ml
定期購入:6800円(1.5ヶ月分)(公式サイトのみ・税込み・送料無料)
(いつでも停止・サイクル変更ができるので、事実的にずっと6800円で使用できます。

45日間代金返還期間あり。

公式サイト⇩⇩⇩
>>ポリピュアEX 公式オンラインショップ

 

★薄毛治療薬と同等(またはそれ以上)の働きがある成分

・髪の毛を伸ばすスペックはミノキシジルの4.5倍
ポリピュアEXの独自配合成分:バイオパップスは「ヒト頭髪に対する毛伸長促進効果及び毛周期における成長期を維持・延長する顕著な効果」として認められています。

実験ではミノキシジルよりも髪の毛を伸ばす能力(伸長効果)が「4.5倍」も高いとされています。

・対AGA 乱れたヘアサイクル、短くなった「成長期」を正常化させる働き(業界唯一)
ポリピュアEXの独自配合成分 バイオポリリン酸は成長因子FGF-7を活性化させる働きがあり
AGAによる乱れたヘアサイクルの「成長期」を正常化して抜け毛を減らす働きがあります。

・抜け毛予防:コラーゲン配合

ポリピュアEXについて詳しくばブログ内記事「薬用ポリピュアEXは評判よく人気の育毛剤。その理由とは?」をご覧ください。

 

>>ポリピュアEX 公式オンラインショップ

 

■第2位 敏感肌でも安心!コラーゲン配合+ノンアルコール製法『BUBKA ZERO』

ブブカ 抜け毛を止める

価格

通常価格:16200円(1ヵ月)

初回のみ77%OFF : 5980円(税込・送料込み):ネット通販のみの限定販売
2回目以降(定期購入) :11664円(税込・送料込み)

1日使用料(定期):約388円

30日間代金返還期間あり。
-----------------------------

★薄毛治療薬と同等(またはそれ以上)の働きがある成分

・アルコールがコラーゲンを破壊する!!
先ほども書きましたが、抜け毛の原因には「頭皮のコラーゲンの減少」があります。
一般的な育毛剤には「アルコール」が配合されているいます。

ただ、このアルコールはコラーゲンを壊してしまう危険性があります。

この『BUBKA ZERO』は育毛剤では大変珍しく「アルコールフリー・アルコール不使用」の育毛剤です。

最近はアルコールアレルギーの人も増えています。敏感肌の人にとっても安心して使用できる育毛剤です。

・育毛剤で唯一、薄毛の原因:17型コラーゲンの減少を抑えられる
ブブカゼロには17型コラーゲンの生産力を上げることが可能な成分:マジョラム(マジョラムエキス)が配合されています。

・ミノキシジルと同等の働きをする成分:「M-034」が10倍にアップ
「M-034」は天然成分のためミノキシジルのような副作用はありません。
ブブカ 抜け毛 止める

上の写真の通り、「M-034」はミノキシジルと同等の育毛効果があります。
またこの写真は「5代目」のブブカの実験結果です。

現在の「ブブカゼロ」は6代目で、5代目よりもこの「M-034」が10倍にアップしています。

★副作用なし 肌に優しいノンアルコール製法
抜け毛の原因:17型コラーゲンの減少を抑えられる「他に類を見ない!育毛剤」
>>薬用スカルプエッセンス『BUBKA ZERO』

 

まとめ:前髪スカスカ・若ハゲ初期段階での薄毛対策

★第1位:結果的に一番安上がりで確実に毛が生える「自毛植毛」

経験値豊富な熟練ドクターが担当:自毛植毛 親和クリニック

★第2位:欲しいところに髪が増やせる「増毛」
アデランスの「ピンポイント増毛」

 

★第3位:初期段階なら安心して使える「育毛剤」

髪の毛を伸ばすスペックはミノキシジルの4.5倍!ポリピュアEX

関連する記事はこちらです

 - 薄毛ニュース, 自毛植毛 , ,