【若ハゲ注意報】前髪スカスカになってきた!ヤバい!薄毛対策開始だ!【薄毛専門美容師監修】

      2019/12/01

前髪スカスカ

若ハゲ、髪の毛スカスカに効果的な薄毛対策とは・・?

若いからまだまだ大丈夫!こんな根拠ない自信は「若ハゲ」から「完全ハゲ」になる危険性「大」ですよ。

「若ハゲ・髪の毛スカスカ」改善の方法とは?

薄毛業界で20年以上働き、現場で約2万人以上の「若ハゲ・髪の毛スカスカ」状態を見てきた経験値からご案内する
結果的に一番お金がかからない、若ハゲからの脱出方法」になります。

ご参考にしてみてください。


 

★後悔しない自毛植毛の選び方は担当ドクターの経験値と症例数です
★自毛植毛手術症例数:4600件以上のドクターが施術するクリニック
★業界内では高密度の植毛が可能(業界最小:直径0.6mmの筒状の機材使用
親和クリニック

>>髪のプロ【美容師】が触れても分からない!自毛感覚を是非ご体験下さい!

若ハゲは放っておくと「完全ハゲ」になってしまう・・・・・!?

▼薄毛は進行性です。

残念ですが、薄毛、若ハゲは何も対策をしなければ段々と進行します。

今は「前髪がスカスカ」程度でも、気が付けば「おでこが広くなってしまう」危険性が・・・

⇩若ハゲレベル1:前髪スカスカ状態(軽いM字ハゲ状態)
前髪スカスカ 若ハゲ

前髪スカスカ 若ハゲ

 

⇩若ハゲレベル2:前髪が抜けだした・・・おでこハゲ状態
若ハゲ おでこはげ おでこが広い

若ハゲ おでこはげ おでこが広い

若ハゲ おでこはげ おでこが広い

まだ若いから大丈夫!・・・といった思いでいると、段々ヤバイ状態になってしまうかも・・・
早め早めの対応で将来が変わってきます。

 

若ハゲ回復に必要な「お金」を比較してみる。増毛vs植毛vs薄毛治療薬

★将来的に「自毛植毛」が一番お金がかからないという事実!!
▼増毛は確実に髪がふえる・・でもこれから一生お金がかかってくる!!
▼薄毛治療薬は確実に髪が増えるわけではない!また今後ずっとお金がかかる。

若ハゲ解消:自毛植毛の費用

★確実に「髪が生えてくる!!」
★前髪スカスカ状態(軽いM字ハゲ状態)に植毛(約1000本~)をする費用は約50万円~70万円
★自毛植毛「1本 約400円~500円」

⇩前髪スカスカの原因:生え際の両サイド、俗に言う「M字ハゲ」部分(赤い丸印)

この初期の「M字ハゲ」部分に植毛するには約1000本~1500本の髪の毛が必要になります。

費用は約50万円~70万円

写真引用:親和クリニック

植毛の費用に関する関連記事生え際や前髪が後退した薄毛に効果的な植毛!でも失敗するとどうなるの?

 

若ハゲ解消:増毛の費用

★確実・簡単に「髪を増やすこと」ができる!!

前髪スカスカに掛かる費用::結び付け増毛

・自分の髪の毛の根本に増毛用の髪を結びつけて「髪を増やす方法」
・年間約13~16万円程掛かる。
「増毛用の毛」の費用・価格は増毛会社によって変わりますが、平均して1本約40円から100円程度です。

最近は各増毛会社は「1000本で約1万円前後のお試し体験(通常ならば1000本は4万円~6万円程度)」なども行っています。
また「無料増毛体験」も行っています。

⇩自分の髪の根本に「増毛用の髪:2~6本(2の倍数毎に増やせる)」を結び付けて「髪を増やす」

自分の髪1本に4本の増毛をして合計「5本」になった状態

⇩前髪スカスカ状態
薄くなった前髪 増毛 1000本

⇩前髪スカスカ状態に1000本増毛してみた。
薄くなった前髪 増毛 1000本

成人の場合1日で「自然脱毛:抜け毛」は約50~100本はあります。
ただ残念ですが、薄毛状態の人の場合はこれ以上の抜け毛があります。

自分の髪が抜けると、結び付けた増毛も一緒に抜けてしまいます。
このため1000本の増毛で増えた毛量を維持・キープするには年間で約1500~3000本は必要になってしまいます。

この費用が年間約13万円~16万円になります。

結ぶ増毛に関して詳しくは、関連記事前髪スカスカ、M字ハゲ。薄毛、ハゲに1000本増毛!【画像あり】を参照ください。

 

広くなったおでこを狭くするのに掛かる費用:貼り付け増毛

髪が抜けた「おでこはげ」部部には結ぶ髪がすでに無いので、結ぶ増毛はできない。
・そこで、貼り付けタイプの増毛で、広くなったおでこを狭くする。
・「貼る増毛・増毛シート」ならば、髪が抜けた生え際を自然に元の状態に再現できる!
・月間で約2万円、年間約24万円くらいが必要

貼る増毛には「髪が植えられたシート」を直接頭皮に貼り付けることで「髪を増やす方法」

⇩増毛シート
貼る増毛

⇩増毛シートを腕に貼り付けた状態
肌とシートの境目がほとんどわからず、「腕から髪が生えている」ような状態を再現できます。
貼る増毛 増毛シート

このような「貼る増毛・増毛シート」を使えば、広くなったおでこを狭くできます。

 

⇩前髪が抜けて、広くなったおでこ:おでこはげ状態
広いおでこ おでこを狭くする おでこはげ

 

⇩上の写真も、このような「貼る増毛・増毛シート」を使って生え際を再現しています。
貼り付け増毛 貼る増毛

 

⇩「貼る増毛・増毛シート」でおでこを狭くししてみた。
おでこを狭くする 広くなったおでこ おでこはげ

この「貼る増毛・増毛シート」を使えば、自然な生え際を再現することも可能です。

 

⇩アデランスの貼る増毛:ヘアーパーフェクト:フリーダム
髪の根本を脱色することで、「生えているような」状態を再現できる

詳しくは アデランス公式サイト↓↓
https://www.aderans.co.jp/

>>アデランス無料増毛体験実施中!
髪のプロ【美容師】が触れても分からない!自毛感覚を是非ご体験下さい!

 

★アデランスさんと同様に貼り付け増毛の根本脱色加工している

「貼り付け増毛部分」と「頭皮(自肌)」の境目もほとんどわからない


⇩濡れた状態でも、生え際は自然です。

貼り付け増毛 貼る増毛 画像

上の動画:貼り付け増毛提供かつら屋ドットコム
上:貼り付け増毛価格:38000円~

「貼る増毛・増毛シート」は薄いシートを使用しています。
このため荒い扱いをすると破れてしまう場合があり、修理が必要になります。
また薄毛が進行すると、貼り付ける面積も大きくなります。

このような修理やシートの面積を大きくする費用が月間で約2万円ほど、年間で約24万円ほどが必要になります。

貼る増毛に関して詳しくは関連記事:おでこが広い!前髪ハゲ、おでこを狭くする。増毛で薄毛対策【画像有】をご参照ください。

 

若ハゲで悩んでいる。近日中には「髪が必要」と思われるならば、一度「増毛」を体験されてみることをおすすめします。

>>アデランス:増毛お試し体験

>>スヴェンソン:増毛お試し体験

>>アートネイチャー:増毛お試し体験

>>かつら屋ドットコム(通販専門かつら・貼り付け増毛販売会社)

若ハゲ解消:薄毛治療薬の費用

▼髪が絶対に生えてくるわけではない(個人差がある)
★徐々に増えてくるのでバレにくい
★月間で約1~2万円 年間で約12~24万円が必要

現在国が認めている薄毛治療薬には「ミノキシジル(外用薬・塗るタイプ)」と「プロペシア、サガーロ(服用薬:飲むタイプ)」があります。
またクリニックによっては独自でこれらの薬をオリジナル薬として処方しているところもあります。

自毛植毛と増毛は「必ず髪が増える」ものですが、薄毛治療薬はあくまでも「薬」なので効果には個人差があります。

私も20年以上薄毛業界で働いてきましたが、髪が増えて喜ばれている人もいますが、個人差によっては「ほとんど変化なし」に人も実際には見てきました。

ただ、薬の効果は徐々に効いてくるので第三者から見ても「髪を増やしている」ことがほとんわからないため、(髪を増やしていることが)バレることはまずないでしょう。

薄毛治療薬は保険適用外のため、価格は各クリニックで勝手に決めることができます。
またオリジナルの薬を処方するクリニックもあるので掛かる費用は
・月間で約1万~2万円、年間で約12~24万円が必要になります。

最近は法改正でスマートフォンを使ってのオンライン・ネット診療が可能になったため、自宅にいながら薄毛の診療から薬の処方・送付まで可能になっています。

【髪のクリニックSeed】格安 薄毛治療薬の詳細は・・・
⇩⇩⇩
オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

関連記事:薄毛治療は病院に行く?それともプロペシアやザガーロ、ミノキシジルは通販で購入する?

 

一番経済的なのが、結局自毛植毛になる理由!!

★自毛植毛だけが、増えた毛量を維持・キープする維持費(メンテナンス費用)が掛からない、必要ない!

・20~30代の若ハゲ世代が気になるのは「髪を増やす」維持費!!

最近20代~30代の若い世代で、自毛植毛を選ぶ人が増えています。
若い世代で気になるのはやはり「若ハゲ解消に掛かる費用」ですね。

私もお客様に聞くと、自毛植毛の費用は「高い」イメージがあるようです。
しかし実際は自毛植毛が将来的には一番安い・経済的な「若ハゲ解消方法」でした。

この将来的に一番安い・経済的なことが、20代~30代の若い世代が、自毛植毛を選ぶ理由でしょう。

それでは「若ハゲ解消に掛かる費用」を比較してみます。

 

若ハゲ解消に掛かる費用

必要な費用 維持費:増えた毛量を維持するための費用
自毛植毛 約50万円~70万円(出費は1回だけ) 0円
結ぶ増毛 年間約13万円~16万円(今後ずっと必要) 年間約13万円~16万円(今後ずっと必要)
貼る増毛 年間約24万円(今後ずっと必要) 年間約24万円(今後ずっと必要)
薄毛治療薬 年間約12万円~24万円(今後ずっと必要) 年間約12万円~24万円(今後ずっと必要)

上の表を見ていただくとわかりますが、自毛植毛は最初の費用だけで、「増えた毛量を維持・キープ」することができます
他の増毛、薄毛治療薬は「増えた毛量を維持・キープ」するには、これからずっと費用が掛かってしまいます。
この継続的に掛かる費用を止めてしまうと「元の若ハゲ状態に戻って」しまいます。

 

自毛植毛の費用が「50万円~70万円」と聞くと最初は「高いなぁ・・」と思う人多いです。
ただ、この自毛植毛、増毛、薄毛治療薬を5年続けると・・・

植毛 増毛 薄毛治療
1年目の費用 約50万円~70万円 約13万円~24万円 約12万~24万円
2年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~24万円 約12万~24万円
3年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~24万円 約12万~24万円
4年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~24万円 約12万~24万円
5年後のメンテナンス費用 0円 約13万円~24万円 約12万~24万円
5年間でかかった費用 約50万円~70万円 約65万円~120万円  約60万円~120万円

このように5年間でかかる費用、必要な費用を自毛植毛、増毛、薄毛治療で比べると「自毛植毛が一番安い、経済的」な「若ハゲ解消方法」なのがわかります。

また増毛、薄毛治療はこの後もずっと継続的に費用がかかります。

自毛植毛は最初に少し高額な費用がかかりますが、長期的、将来的な出費・費用を計算すると「一番安い」髪を増やす方法でした。

 

若ハゲ年代:20~30代では薬の副作用も考えなくてはいけない!!

・若ハゲ世代は子供を作る年代でもある。そこに問題が・・・

薄毛治療薬はあくまでも「薬」にため、体への影響:副作用があります。

特にフィナステリド(商品名:プロペシア)、デュタステリド(商品名:ザガーロ)の副作用には
ED、勃起不全、精子減少、精力減退、うつ症状
などが報告されています。

若ハゲが気になる20代~30代はそろそろ結婚や小作りを考える年代ですね。
このような若い年代で「ED、精子減少、うつ症状」の副作用は心配になる人も多いでしょう。

また気になるのが最近アメリカで発表された「ポストフィナステリド症候群(PFS)」です。
これはフィナステリド(プロペシア)の副作用がでた人が、薬の使用を止めても「副作用が続く」といった症状です。
(引用:ポストフィナステリド症候群(PFS)英文

薄毛治療薬は使用続ける、飲み続けることで「髪が増えた状態を維持・キープ」できます。
薬の使用を止めると「元の若ハゲ状態」に戻ってしまいます。

このように薬の使用・服用を続けることで腎臓、肝臓への負担も増え続けてしまいます。

まだまだ若い20代~30代で抜け毛や若ハゲが気になるならば、「副作用」や「体への影響」の心配が少ない育毛剤の使用をおすすめします。

育毛剤に関して詳しくは関連記事:医者はハゲるとプロペシアよりもミノキシジルと育毛剤を信用するの!?をご参照ください。

(植毛よりも)増毛の方が向いているタイプの人とは?

・来月には「髪が必要!」こんな人には増毛がベスト!

人の髪は1ヵ月で約1~1.5センチ伸びます。
このため自毛植毛では「髪が増えた状態」には手術から早くても半年以上が掛かります。

そこで
「来月結婚式があるのでそれまでには髪が欲しい」
「2か月後の同窓会までには髪が欲しい」
このような人には自毛植毛よりも増毛が向いています。

増毛ならば1日で髪を増やすことができます。

また
「どうしても頭の手術まではチョット・・・」と感じる人も確かに多いです。

このような人にも「手軽に髪が増やせる」増毛が向いているでしょう。

自毛植毛で気になること!「失敗しないの?」「失敗すると、どうなるの?」

▼費用・料金だけで選ぶとエライ目になる!?
★必ず手術は経験値豊富な熟練ドクターがいるクリニックで受けてください。

先ほども少し書きましたが、20代~30代の若い世代では「薄毛解消に掛かる費用」を気にする人が多いです。

自毛植毛の費用・料金もクリニックによって差はあります。

今では「費用・料金」だけをかなり低く提示するクリニックも増えています。

しかし「費用・料金」だけでクリニックを選ぶとあとで後悔する可能性も高くなってしまいます。

では、自毛植毛で失敗するとどうなるのでしょうか?

失敗、後悔する原因は手術を担当するドクターの経験値からなる「技術力の差」にあります。

失敗その1:生えてこない!

▼毛根に傷がつくと生えてこない!!

薄毛が進行して「完全ハゲ」になった人でも、後頭部周辺まで薄くなることはほぼありません。

自毛植毛とは、この将来的にも「薄くなりにくい、抜けにくい」毛根を若ハゲ部分に移植、植毛する手術です。

この後頭部周辺の毛根を切り出すには、とても繊細な技術が必要です。

あまり経験値がない、技術力の劣るドクターがこの作業を行うと、毛根に傷がつく確率が増えてしまいます。

傷ついた毛根からは、新しい髪は生えてきません。

植毛 失敗 後悔

「自毛植毛手術したが、髪は生えてこなかった!!」このような失敗の原因の主な理由は
あまり経験値がない、技術力の劣るドクターによる「毛根へのダメージ」によるところが大きいです。

失敗その2:(生えてはきたが)密度がなくスカスカ状態で満足できない!

★一般的な「薄毛でない成人・フサフサ状態」の髪の密度は、1㎠に約200本~250本
熟練ドクターならば、これと同等の高密度で植毛できる!

▼あまり経験値がない、技術力の劣るドクターの場合、1㎠に約50~75本しか密度が出せない!
髪が生えても低密度で「スカスカ」状態になってしまう。

 

⇩熟練ドクターなら再現可能な「1㎠に約200本~250本」の高密度
自毛植毛 失敗 密度

⇩高密度なら、前髪もフサフサで若ハゲも解消できる・・・
自毛植毛 密度

 

しかし・・・
⇩あまり経験値がない、技術力の劣るドクターならば低密度「1㎠に約50~75本」!?
自毛植毛 失敗 密度

 

⇩低密度「1㎠に約50~75本」だと前髪はまだまだスカスカ状態
自毛植毛 密度

 

自毛植毛 失敗 密度

せっかく自毛植毛をしても、生えてきた髪が低密度でスカスカ状態だとすると・・・嫌ですよね。

また研究熱心なクリニックでは、後頭部周辺の毛根を切りだす際に極細径パンチブレード(筒状の機材)を使用(業界最小:直径が0.6mm)を使用しています。

高密度の植毛は熟練ドクターの技術力と、この極細径パンチブレードによって再現できます。

極細径パンチブレードの扱いはとても繊細な技術力と経験値が必要です。
残念ですが、あまり技術力がない場合、極細径パンチブレードは反対に毛根を傷つけてしまう可能性が高くなってしまいます。

★熟練ドクタが手術を担当+直径が0.6mmの極細径パンチブレードを使用している植毛クリニック

★親和クリニック・音田正光ドクター、滝田賢一ドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


★アスク井上クリニック・井上浩一ドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

失敗その3:人形のような不自然な「生え際」になってしまった!

★経験値豊富なドクターは「仕上がりが想像できる。
▼経験値が少ないと仕上がりが「想像できない」

自毛植毛手術には「美容的な技術力」も必要になります。

特に生え際などを植毛で再現するには、出来上がり、仕上がりを想像できないと不自然な結果:人形のような不自然な一直線な生え際になってしまう場合があります。

人の生え際は決して一直線上ではありません。
残念ですが、あまり経験値がないと、出来上がり、仕上がりが想像できないため生え際の再現方法がわからず、ただただ生え際を一直線で植えてしまう傾向があります。

こうなると不自然な生え際になってしまいます。

後悔しない植毛クリニックの選び方!

★必ず経験値豊富・熟練ドクターがいるクリニックで手術を受けること!
▼値段、費用だけ選ぶとあとで後悔するかも・・・
自毛植毛手術は仮に失敗すると「元には戻せません!!!」

経験値が豊富・熟練した自毛植毛ドクター

★親和クリニック・音田正光ドクター

・3000以上の症例数

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


 

★親和クリニック滝田 賢一ドクター

・4年間で800症例以上

・1回の手術で5000グラフト(約13000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京 大阪 名古屋 福岡

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://shinwa-clinic.jp


★アスク井上クリニック・井上浩一ドクター

・4200件の症例数

・1回の手術で4000グラフト(約10000本)の移植手術ができるドクター

クリニック所在地:東京

公式ホームページはこちら↓↓↓
https://asc-cl.jp

 

経験値が豊富・熟練した自毛植毛ドクターについて

詳しくはブログ内「自毛植毛の名医はだれ?ちゃんと生えるの?後悔しない名医の選び方は経験値と症例数です。」もご参考にしてみてください。

関連する記事はこちらです

 - 薄毛ニュース, 自毛植毛, 増毛・かつら , , ,