成長因子グロースファクター配合の育毛剤で髪は再生・復活する!?

      2018/11/02

成長因子グロースファクター配合の育毛剤で髪は再生・発毛する!?

毛髪再生医療の現場でよく使われている話題の成長因子・グロースファクター。
薄毛専門クリニック・病院で育毛メソセラピー(注入治療)などでもよく使われています。

ではこの成長因子・グロースファクターは髪の毛の再生・復活にどのような効果があるのでしょうか?

成長因子・グロースファクターが入った育毛剤はあるのでしょうか?

そんな疑問に薄毛業界で20年以上働いてきた現役美容師が案内いたします。

目次

毛髪再生医療で使われる成長因子・グロースファクターの特徴とは

成長因子・グロースファクターとは、「増殖因子」「細胞増殖因子」などとも言われており、細胞へ情報伝達を行い、特定の細胞の増殖や分化を促進する、体内にあるタンパク質の総称です。

成長因子は髪にも存在しており、髪の毛の再生復活、育毛に影響を与えていますが、年齢を重ねるごとにその量は減少していきます。

成長因子・グロースファクターは、加齢などで弱くなってしまった細胞を活性化させる働きがあるため育毛・髪の再生復活に効果的だと言われています。

そこで外部から頭皮に成長因子を補う事は薄毛改善に大変有効的と考えられています。

 

元々は美容整形などで、衰えた肌組織を再生させるために効果的なのでアンチエイジングとして使われてきました。

今ではその肌(頭皮)組織再生能力、細胞(毛母細胞)の増殖や分化を促進する働きにより、薄毛改善・ハゲ部分の治療によく使われるようになっています。

 

成長因子・グロースファクターの髪の毛再生・復活効果とは

成長因子には色々な種類があり、それぞれが髪の再生・復活・育毛に大きく影響を与えます。

主な働きは

・頭皮の血行を良くする成長因子:
FGF:線維芽細胞増殖因子
VEGF:血管内皮細胞増殖因子

⇨髪の毛を作る毛母細胞の栄養分は血液によって運ばれます。

血行が悪くなると毛母細胞は栄養失調状態で動きが鈍くなり、そのため今ある髪も栄養が足らず細くなってしまったり、すぐに脱毛したりして最終的に薄毛が進行してしまいます。

成長因子・グロースファクター(FGF、VEGF)の効果で、頭皮の血行が良くなれば髪が生えやすい状態になり、また育毛作用で(髪は)太く健康的になります。

 

・乱れたヘアサイクルを正常にする成長因子:
FGF:線維芽細胞増殖因子
HGF:肝細胞増殖因子

⇨正常なヘアサイクル(毛周期)では「成長期」の期間は約2年から6年あります。

この期間で髪は太く健康的に成長して伸びます。

しかしAGA(男性型脱毛症)などでこのヘアサイクルが乱れると成長期の期間が異常に短くなり(約数ヶ月から1年)、まだ成長していな「細く短な髪の毛」の状態で抜け毛になってしまい、薄毛がどんどん進行してしまいます。

以前はこのAGAの症状は男性特有のものでしたが、今では女性もこのAGA(女性の場合はFAGA:女性男性型脱毛症と呼ばれています)が発症して多くの女性も薄毛で悩まれています。

成長因子・グロースファクター(FGF、HGF)はこの乱れたヘアサイクルを正常にする働きがあり、太く健康的な髪の毛を作る作用があります。

 

・新しい血管を増やす、今ある血管の枝分かれを増やす成長因子
FGF:線維芽細胞増殖因子
VEGF:血管内皮細胞増殖因子

先程も書きましたが、髪の毛を作る毛母細胞の栄養分は血液によって運搬されます。

栄養分が多いほうが毛母細胞も活発になり髪も再生復活しやすく、太く健康的になりやすいです。

成長因子(FGF、VEGF)の働きで、頭皮下の新しい血管が増え、また既にある血管の枝分かれが増えることはより多くの栄養を毛母細胞に与えることができ毛髪再生復活促進、髪の育毛効果のよい影響があります。

 

・(髪を生やす)毛母細胞を活発にする成長因子
KFG:ケラチン細胞増殖因子
EGF:上皮成長因子
IGF:インスリン様成長因子

いくら血行不良が解消され栄養分を多く補給できても、毛母細胞自体が弱ってしまっていると、髪は生えづらく、不健康で細い毛になってしまいます。

グロースファクター(KFG、EGF、IGF)の働きで毛母細胞を活発して活性化させることは毛髪の再生復活、育毛にとても重要です。

 

このような働きにより、成長因子・グロースファクターは毛髪再生復活促進、抜け毛予防効果が期待されます。

そこで髪の再生・復活・育毛に影響のある様々な成長因子・グロースファクターの効果、働きを詳しくみていきましょう。

 

各成長因子・グロースファクターの毛髪再生復活・育毛に対する影響力とは・・

FGF:線維芽細胞増殖因子の働き

・血管を増やす作用があり、多くの栄養分を血液に乗せて毛母細胞に届けてくれる。
毛髪再生復活促進効果

国内で唯一「発毛(髪の再生復活)する効果」が厚生労働省にも認可されている医薬品・発毛剤「リアップ」の主成分がミノキシジルです。
このミノキシジルは血行を良くすることで、多くの栄養分を毛母細胞に運び毛髪再生復活を促進させる効果があります。

成長因子FGFにはこのミノキシジルと同様に「血行を良くする働き」により、髪の再生復活を促進させる働きがあります。

これにより毛母細胞も活性化して毛髪再生復活を促進させます。

 

・AGA(男性型脱毛症)の場合に起きてしまうヘアサイクルの乱れを正常化する。

資生堂と徳島大学の共同研究によって、薄毛の原因は、FGFの中の「FGF-7」が減少することがわかりました。

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)になるとヘアサイクルが乱れ、髪が伸びる、成長させる期間(成長期)が極端に短くなり、まだ細くて短い状態の「成長していない」髪が抜けて段々薄毛が進行してしまいます。

この髪に大事な「成長期を短くしてしまう」原因が、FGFの中の「FGF-7」が減少することがわかりました。
FGF-7が減少するとヘアサイクルが乱れ成長期が短くなり、髪は太い毛に育つ前に抜けてしまい薄毛が進行してしまいます。

 

育毛剤「ポリピュアEX」は髪の再生復活に大きな影響をあたえるFGFを4種類を活性化できる唯一の育毛剤です。
この働きにより医薬品ミノキシジルと同様の働き:「血行を良くして髪が生えやすい環境を作り上げる」が大いに期待できます。

またポリピュアEXは
「FGF-7」を増やすことができ、AGAによる抜け毛を予防する。
(プロペシア、ザガーロと同じ働き:抜け毛の予防作用)

このようにポリピュアEXは1本で
「髪を健康に育てる作用+抜け毛予防する作用」に大きな影響がある成長因子を強化できる育毛剤です。
世界各国で認められた薬用育毛剤「ポリピュアEX」

 

VEGF:血管内皮細胞増殖因子の働き

・血管のない場所や、既にある血管を枝分かれさせるようにして新しく血管を作ります。

髪の毛を生み、育てる毛母細胞は栄養分を血液から摂っています。
血管が増えるということは、頭皮下の毛細血管も増やし、多くの「髪の再生復活」に影響のある栄養分・血液を毛母細胞に運べることになり、毛髪再生復活効果が促進されます。

 

HGF:肝細胞増殖因子の働き

・AGAなどで乱れたヘアサイクルの休止期を早期で成長期へと切り替えさせてくれる

ヘアサイクルを正常化させることで、新しい髪が生えやすい環境を作り出す。

KFG:ケラチン細胞増殖因子の働き

・毛母細胞の分裂や増殖を促進させ、髪の毛を成長させる役割がある

髪の毛は毛母細胞が分裂、増殖することで生えてきます。
KFGはこの毛母細胞を分裂、増殖させることで髪を作り健康に成長させる働きがあります。

EGF:上皮成長因子の働き

・皮膚の表面(上皮)にある細胞に作用して新しい細胞の生産を急速に早めることで毛髪再生復活促進効果がある

肌の入れ替わりを促進して老化を防ぐことで頭皮の状態を若く保ち、育毛を促進する効果が期待できます。

最近育毛業界で話題の成分「ピディオキシジル:ミノキシジル誘導体(医薬品ミノキシジルと同様の働きがあり、副作用がない成分)」はこのEGFを含んでいます。

ピディオキシジル業界最高配合の育毛剤:⇨フィンジア

 

IGF:インスリン様成長因子の働き

・細胞の成長(特に神経細胞)と発達を促進し、、毛母細胞や毛乳頭の維持・増殖に作用し、毛髪再生復活を促進させます。

脱毛原因で最もい多いAGA(男性型脱毛症)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)はIGFを減少させてしまう作用があり、薄毛スピードを加速させてしまいます。

このように成長因子・グロースファクターは
・毛母細胞に多くの栄養を運ぶ血管を増やす作用
(毛髪再生復活促進作用)
・毛母細胞の活性化作用
・細胞分裂の促進作用(
・乱れたヘアサイクル、短くなってしまった「成長期期間」を伸ばす。
(AGAによる抜け毛を予防する働き)

などの働きがあり、髪の毛の再生・復活、抜け毛の予防・防止に大きな「良い」影響があります。

それではこの成長因子・グロースファクターを配合した育毛剤にはどんなものがあるのでしょうか?

 

成長因子・グロースファクター配合の育毛剤ランキング

第1位  8種類の成長因子配合:Deeper 3D

Deepre3D

Deeper 3D おすすめポイント

・成長因子 「8種類」を配合 (育毛剤業界最高)
・医薬品ミノキシジルよりも効果があると言われている「キャピキシル5%」「リデンシル5%」配合

★キャピキシルとは
キャピキシルとは、カナダの化粧品メーカー「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した成分で、成長因子(アセチルテトラペプチド-3)と植物エキス(アカツメクサ花エキス)という成分で構成されています。

データによると成長因子(アセチルテトラペプチド-3)の働きにより細胞組織の毛髪再生復活反応がミノキシジルのおよそ3倍得られたという実験結果が示されています。
またこれらをキャピキシルを4ヶ月間使用した結果、ヘアサイクル中の成長期にある髪の割合が10%以上増加し、休止期の髪の割合が30%近く減少したデータもあります。
データ引用:http://www.hatumou-life.com/wp-content/uploadsapixyl_kanzen.pdf(英文)

★リデンシルとは
リデンシル はスイスのインデュケム(Induchem)社が開発した成分で、頭皮の幹細胞と毛乳頭に働きかけ、髪の成長・育毛を促進する成分です。
主な内容成分はセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で構成されています。

データによるとリデンシルを3ヶ月使用することで、成長期の髪の割合が29%もアップしています。
リデンシルには脱毛原因である炎症性サイトカイン(IL-8)を21%減少させる働きもあります。
10日間の実験でミノキシジルよりも2倍の育毛効果がある。
データ引用:https://www.redenhair.com/en/content/15-redensyl(英文)

Deeper 3Dはこのように、
・髪の再生・復活にとても有効的な成長因子8種類
・ミノキシジルよりも数倍効果がある「キャピキシル5%」「リデンシル5%」
これらを育毛剤業界最高数値で配合した「最強の育毛剤」です。

 

価格
通常:14850円 (1.5ヶ月分)
初回限定 1本 14100円
(5%オフ Deeper3Dミニボトル 10mL、バリアスルーミニボトル 5mL付き)
定期購入:13360円

6本セット:62370円

1本14100円と書くと「かなり高いなァ」と思われまますが、1本で約1.5ヶ月分。
また6本セットならば、「1ヶ月あたり約6900円」です。
こうなると他の育毛剤よりも「安く」なります。

1ヶ月6900円毛髪再生医療で使用されている「成長因子8種類」が配合された最強の育毛剤を使えるならば「買い」ですね。

公式サイトhttp://www.mongoryu.com/

 


第2位:薬用ポリピュアEX

薄毛業界20年以上勤務の美容師が推薦、改善可能な育毛剤ランキング

ポリピュアEX おすすめポイント

・独自研究で開発したバイオポリリン酸の働きで

毛髪再生復活促進、AGAによる抜け毛防止に大きな影響のある成長因子FGFの内

FGF-1 、FGF-2 FGF-7 FGF-23
上記4種類を活性化させる。
(4種類のFGFを活性化できるのは育毛剤業界ではポリピュアEXだけです)

特に育毛で注目されているのがFGF-7です。

抜け毛の原因で一番多いのがAGA,FAGAの発症といわれています。

これはヘアサイクルが乱れ、髪が成長して伸びるはずの「成長期」が極端に短くなり、まだ成長できていない細く短な髪の状態で抜け毛になり(髪のミニチュア化)薄毛が進行してしまいます。

この原因が「成長因子FGF-7」の減少といわれています。

バイオポリリン酸はこの「成長因子FGF-7」を活性化させることができるので、「AGA,FAGAによる抜け毛防止効果」もあります。

 

このようにポリピュアEXは
・医薬品ミノキシジル(毛髪再生復活促進効果)とザガーロ、プロペシア(AGAによる抜け毛防止効果)
両方の働きがある育毛剤となります。

 

バイオポリリン酸はアメリカ、フランス他ヨーロッパ各国でも「ポリリン酸組成物は細胞増殖,細胞延命,毛髪伸長,及び毛髪の成長期維持に有効に作用する。」と認めれれています。です。

1日使用料:たったの約150円
・育毛剤業界でも最も「売れてる=リピーターが多い=効果力が高い」育毛剤
4,000,000本(400万本)以上売れている育毛剤

価格
通常:7800円(税込)(1.5ヶ月)
公式サイトでは「1本で2ヶ月となっていましたが、口コミでは1.5ヶ月で
なくなったとの書き込みもあったので1.5ヶ月としました)
定期購入:6800円 (税込)
「購入回数の縛り」はないため結局いつでも6800円
1日使用料:たったの約150円
(育毛剤業界でのコストパフォーマンスはNO.1です。)
45日間返金保証あり

公式サイトhttp://529270.com/


第3位 フィンジアフィンジア

フィンジア おすすめポイント

成長因子EGFを含むピディオキシジル使用の育毛剤

・キャピキシル5%配合(Deeper 3Dと同等で業界最高値)
・ピディオキシジル2%配合(業界最高値:Deeper 3Dには配合されていません)

フィンジアはDeeper 3Dと同等で業界最高値のキャピキシルを配合しており副作用もなくミノキシジルよりも3倍の育毛効果が期待できます。

 

またDeeper 3Dには配合されていないピディオキシジルを配合
このピディオキシジルは成長因子EGF(上皮成長因子)を含んでいます。

この成長因子EGFの働きにより毛母細胞を活発化させて毛髪再生復活促進効果があります。

ピディオキシジルはミノキシジルの分子構造はそっくりなので「ミノキシジル誘導体」と呼ばれミノキシジルと同様の働きがあります。
このためミノキシジルの働きである「血管拡張作用」があり、毛母細胞に多くの栄養分・血液を運ぶことで細胞を活性化して毛髪再生復活効果があります。

育毛剤の有効性のポイントに「浸透力」があります。
薬液が浸透しなくてはその効果も発揮できません。
ピディオキシジルの浸透力はミノキシジルよりも優れています。

価格
通常:12800円 (1ヶ月)
定期購入:9980円
「購入回数の縛り」はないため結局いつでも9980円
30日間返金保証あり

公式サイトhttp://www.finjia.jp/

 


第4位 毛髪成長因子が450%UP《ハイブリッド育毛》

毛髪成長因子が450%UP:ルプルプ


ルプルプ おすすめポイント

AGAで乱れたヘアーサイクルを正常にする育毛剤

・成長因子FGF-7を450%アップに成功

成長因子FGF-7とは、毛髪をつくる毛母細胞にあり、髪の成長には欠かせない成分です。
脱毛の原因で一番大きいのがAGAと言われています。

AGAになると男性ホルモン:テストステロンがジヒドロテストステロンに変化してヘアーサイクルを乱し、成長期を短くしてしまい細く短い状態の髪が抜けて薄毛になってしまいます。

この成長因子FGF-7は毛母細胞を活性化させ、血行を促進し、成長期が短くとまってしまった髪の毛を再び成長期へと引き戻す作用があることから、対AGAとしての薄毛対策として大変注目されています。

 

育毛剤ルプルプは
タカラバイオとの共同研究によって開発された低分子したフコイダンによってFGF-7を4倍~5倍(450%アップ)まで増殖させる働きが可能になっています。

この効果によってAGAによるヘアーサイクルの乱れを正常にして、抜け毛を止め、毛髪再生復活を促進させます。

価格
通常:¥6372:税込み (約2ヶ月)
定期購入・初回限定:¥6053
( 最低3回の継続が必要)

コストパフォーマンスは最高
1ヶ月あたり:約¥3000

公式サイトhttp://www.626214.com/

 

 

もっと成長因子の実力を髪の再生・復活に取り入れたいならば・・

・成長因子を直接、頭皮(毛母細胞)に注入する:育毛メソセラピーがおすすめ

育毛剤の問題点は、その有効成分が液状のため、薄毛部分に留まらず流れ落ちてしまっているということです。
約80%が流れ落ちてしまっているとも言われています。

 

そこで有効成分・成長因子を頭皮に注入してあげれば、無駄なく「ほぼ100%」毛母細胞に(有効成分・成長因子を)届けることが可能になります。

成長因子を使った育毛メソセラピーの「毛髪再生復活効果」に関しては当ブログ内:関連記事
効果のあるAGA・育毛メソセラピーおすすめランキング【画像あり】
をご参照ください

関連する記事はこちらです

 - 育毛剤 , ,