敏感肌でも使える育毛剤とは?秘訣は、コラーゲンとノンアルコールだった!!

      2018/07/15

アルコールフリーでコラーゲン配合の低刺激育毛剤。乾燥敏感肌でも安心して使える育毛剤とは?

敏感肌で抜け毛、薄毛で悩む人が増えてると美容師として感じています。

敏感肌の人の頭皮は、だんだん「乾燥肌」になっいく傾向が多いです。

そんなお客様から「敏感肌でも使える低刺激な育毛剤はあるの?」とよく聞かれます。

 

最近抜け毛の原因は「頭皮のコラーゲン(17型コラーゲン)不足」とも発表されました。。
頭皮が乾燥すると、抜け毛が増える危険性があるということにもなるでしょう。

 

敏感肌の人は、ノンアルコール(アルコールフリー)の低刺激な育毛剤を使わなければ、頭皮を乾燥させてしまう危険性があります。

こうなると「抜け毛を止める目的」で使用した育毛剤が、反対に「抜け毛を増やし、薄毛を進行してしまう危険性」があります。

 

そこで・・
約2万人以上の薄毛状態を見てきた現役美容師が
「敏感肌の人も安心して使えるノンアルコールでしかもコラーゲン配合の低刺激な育毛剤」を紹介させていただきます。

ご参考にしてみてください。

★薄毛改善の第一歩は「抜け毛を止めること!!」
抜け毛の原因:17型コラーゲンの減少を抑えられる「他に類を見ない!育毛剤」
薬用スカルプエッセンス『BUBKA ZERO』

スポンサードリンク

抜け毛の原因は頭皮の乾燥、カサカサ肌だった!?

先日東京医科歯科大が「抜け毛の原因は頭皮のコラーゲン減だった」と発表しました。

 

要約すると

人は年齢を重ねるごとに、コラーゲンが減ってしまうことがわかりました。

髪の毛が薄くなってしまう原因は、頭皮のコラーゲンが減って髪の毛をつくる細胞が機能しなくなるためと発表されています。

 

人の髪の毛は、毛穴の奥にある毛包(毛包幹細胞)という細胞で作られています。

この毛包幹細胞は、もともとコラーゲンの一種「17型コラーゲン」に保護されています。

この17型コラーゲンが減ってしまうことで毛包幹細胞は、段々と皮膚の表面に追い出され最終的にフケや垢(あか)となって剥がれ落ちてしまいます。

 

危険なのは、剥がれ落ちた表皮では毛穴のなくなってしまい、ツルツル状態になってしまうかもしれないことです。

 

このように、頭皮のコラーゲンの減少は、抜け毛・薄毛の進行の原因になってしまいます。

 

コラーゲンは頭皮の乾燥を防ぐ働きもあります。

抜け毛が増えてきた時期と、頭皮が乾燥してカサカサになってきた時期が重なる原因も

頭皮のコラーゲン(17型コラーゲン)の減少が大きな影響があるとも考えられます。

 

コラーゲンを食べても意味がない!?

「頭皮のコラーゲンを 増やすなら、 食べればいいじゃん」

コラーゲンの補給で真っ先に考えるのは、食べ物からコラーゲンを摂ればいいじゃないかと思う人が多いでしょう。

 

問題なのは、食べ物から取ったコラーゲン のほとんどは、 体の保湿で疲れてしまい、頭皮までは届きません。

 

頭皮にコラーゲンを吸収させる一番の方法は、 やはり直接頭皮にコラーゲンを与えることが 効率的です。

また頭皮のコラーゲンを減らさないようにしなければ行けません。

これには、コラーゲンが配合された育毛剤の使用が効果的です。

『BUBKA ZERO』には加水分解コラーゲン末、水溶性コラーゲン液が配合されています。

 

★コラーゲン配合育毛剤:
抜け毛の原因:17型コラーゲンの減少を抑えられる「類を見ない!育毛剤」
薬用スカルプエッセンス『BUBKA ZERO』

 

ご存知でしたか?
アルコール系の「育毛剤」をつけると、かえって抜け毛が増えるかもしれません?

アルコールフリーでコラーゲン配合の低刺激育毛剤。乾燥敏感肌でも安心して使える育毛剤とは?

危険なことですが、 アルコールは育毛に大切な、コラーゲンを分解させてしまう働きがあります

 

先ほども書きましたが、頭皮のコラーゲンの減少が抜け毛に大きな影響を与えていることはわかっています。

 

このように、育毛剤に配合されている アルコールがコラーゲンを破壊してしまい、抜け毛の原因になってしまう場合があります。

抜け毛を減らす目的で使う育毛剤で、反対に「抜け毛をつくる原因を」作ってしまっては本末転倒ですね。

 

アルコールは頭皮にとって有毒!?

市販されている育毛剤のほとんどにはアルコールが配合されています。

一般の人にとって、育毛剤のアルコールは有害ではありません。

 

育毛剤メーカーとしても、頭皮の爽快感や防腐作用としてアルコールを使用しています。

もちろんアルコールの使用は国にも認められているもので違反ではありません。

ただ・・
乾燥肌や敏感肌の人にとっては、 このアルコールはとても 大きな刺激になってしまいます。

また最近ではアルコールアレルギーの方も増えています。

 

エタノールはアルコールの一種?

ノンアルコールの育毛剤で有名なのがブブカです。

しかしブブカの成分表をみると
成分表の最後に「フェノキシエタノールエタノール」の表示かありました。

「フェノキシエタノールってアルコール?」私も疑問に感じました。

以前のブブカではエタノール、フェノキシエタノール、無水エタノール、1,3-ブチレングリコールを使用していました。
ただ、新しくなった『BUBKA ZERO』では、エタノール、無水エタノールは使用していません。

旧タイプのブブカの説明では
「エタノール、フェノキシエタノール、無水エタノール、1,3-ブチレングリコールは分類としてはアルコールではあるのですが、 各有効成分のエキス溶媒に必須でございますので、ごく微量の0.1%未満(アルコール度)を使用しております。 他の育毛剤のようにアルコール含有を目的として入れているアルコール成分は全く使用しておりません。 濃密育毛剤BUBKAは、業界初のアルコールフリー育毛剤でございます。」と書いていました。

引用:http://bubka.jp/user_data/qa1.php

しかし、新しくなった『BUBKA ZERO』では、エタノール、無水エタノールは使用していません。

また、新しくなった『BUBKA ZERO』の成分表を見てみると。
「フェノキシエタノール」の表示は一番最後に表記されていました。

育毛剤などの配合成分は「多い順番に書かなくてはいけない」というルールがあります。

これから判断できるのは(以前でも0.1%未満(アルコール度)だったのであれば)新しくなった『BUBKA ZERO』は、以前よりも完全に上質の「ノンアルコール製法」と言っていいでしょう。

敏感肌や乾燥肌の人にとっての薄毛対策としては
「アルコールフリー、ノンアルコールの育毛剤」を選ぶことが重要です

⇨今すぐノンアルコール製法・コラーゲン配合育毛剤・薬用スカルプエッセンス
『BUBKA ZERO』で「薄毛・ハゲ」の進行を食い止める!!

 

 

リアップ(ミノキシジル)は効果ありそう・・でも副作用が敏感肌には気になります。

アルコールフリーでコラーゲン配合の低刺激育毛剤。乾燥敏感肌でも安心して使える育毛剤とは?

リアップ(主成分:ミノキシジル)は国が唯一認めている「髪が生える効果」がある育毛剤(発毛剤)です。

私のお客様でもこのミノキシジルで髪が増えた人を実際に何人も見ています。

ただ発毛効果はありますが、医薬品ですので薬の副作用があります。

リアップを開発販売している大正製薬の「説明書」にも

 

副作用として

・精神神経系として「頭痛、気が遠くなる、めまい」
・循環器系として「胸の痛み、心拍が速くなる」
・代謝系として「原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ」

 

敏感肌の人にとって問題なのは

皮膚への影響として
「頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等」が書かれています。

引用:https://www.catalog-taisho.com/explanationbook/05740_Explanation1.pdf

 

現場でもリアップを使い始めてから、頭皮に炎症を起こしてしまった人を見たことがあります。

リアップの説明書を読む限りでは

敏感肌、乾燥肌の人にとってはリアップの使用は難しいかもしれませんね

コラーゲン配合+コラーゲンを生成できる唯一の育毛剤:薬用ポリピュアEX

ここで注目される育毛剤にポリピュアEXがあります。

このポリピュアEXにも加水分解コラーゲン末が配合されています。

しかもこのポリピュアEXは、育毛剤で唯一コラーゲンを生成する働きがあります。

ポリピュアEXが独自開発した成分バイオポリリン酸の働きは
薄毛再生医療で使われている成長因子(グロースファクター)FGFを育毛剤業界唯一「4種類」も活性化できます。

この活性化できる成長因子「FGF-1(酸性線維芽細胞増殖因子aFGF)」と「FGF-2(塩基性線維芽細胞増殖因子、bFGF)」の働きは
「コラーゲンの生成:線維芽細胞増殖」です。

>>今すぐコラーゲンを生成できる薬用ポリピュアEXで「薄毛・ハゲ」の進行を食い止める!!

 

まとめ

・最近敏感肌で抜け毛、薄毛で悩む人が増えてる

・抜け毛の原因は頭皮のコラーゲン減少だった

・頭皮の保湿作用があるコラーゲンが減ることで頭皮が乾燥して抜け毛が増える危険性がある。

・頭皮にコラーゲンを浸透・吸収させるには「コラーゲン配合」に育毛剤が効果的
(食べ物から摂ったコラーゲンは頭皮まで届かない)

・アルコールはコラーゲンを破壊して、抜け毛の原因になる危険視がある。

敏感肌でも安心して使えるアルコールフリー、コラーゲン配合の育毛剤

副作用なし 肌に優しいノンアルコール製法
抜け毛の原因:17型コラーゲンの減少を抑えられる「類を見ない!育毛剤」
薬用スカルプエッセンス『BUBKA ZERO』『BUBKA ZERO』

公式サイトはこちら↓↓↓
https://bubka.jp/

 


コラーゲン配合、しかも育毛剤で唯一「コラーゲンを生成する働きがある育毛剤

薬用育毛剤「ポリピュアEX」


 

『BUBKA ZERO』:成分表

海藻エキス(1)、マヨラナエキス、カモミラエキス(1)、ビワ葉エキス、海藻エキス(4)、オウゴンエキス、海藻エキス(5)、グルコシルヘスペリジン、チョウジエキス、ジオウエキス、ローマカミツレエキス、ビオチン、サクラ葉抽出液、ダイズエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ホップエキス、ウメ果実エキス、アロエエキス(2)、アラントイン、ニンジンエキス、シャクヤクエキス、ヨクイニンエキス、アシタバエキス、ローズマリーエキス、アルテアエキス、クワエキス、シラカバエキス、スイカズラエキス、タイムエキス(2)、ドクダミエキス、マロニエエキス、メリッサエキス、ヒキオコシエキス(1)、シソエキス(1)、ニーム葉エキス、スギナエキス、セージエキス、加水分解ヒアルロン酸、ハトムギ発酵液、オウバクエキス、加水分解コラーゲン末、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、リンゴエキス、シナノキエキス、シロキクラゲ多糖体、アルニカエキス、テンニンカ果実エキス、加水分解コラーゲン液(4)、クロレラエキス、ニンニクエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、クレマティスエキス、シモツケソウエキス、セイヨウニワトコエキス、パリエタリアエキス、ゼニアオイエキス、キューカンバーエキス(1)、ホウセンカエキス、カワラヨモギエキス、ボタンエキス、キイチゴエキス、マツエキス、ローヤルゼリーエキス、アボカド油、ユリエキス、レモンエキス、酵母エキス(4)、L-イソロイシン、L-バリン、L-フェニルアラニン、L-アスパラギン酸、L-アラニン、L-アルギニン、L-セリン、L-ヒスチジン、L-プロリン、L-スレオニン、グリシン、オレンジフラワー水、濃グリセリン、サボンソウエキス、モノオレイン酸ポリグリセリル、常水、精製水、ジプロピレングリコール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、1,3-ブチレングリコール、キサンタンガム、水酸化ナトリウム、1,2-ペンタンジオール、乳酸ナトリウム液、L-ピロリドンカルボン酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、グリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

スポンサードリンク

関連する記事はこちらです

 - 薄毛ニュース , ,